スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

その後・・・。。

2010/06/19 18:39

ご無沙汰しております
皆さま、お元気だったでしょうか??
高ちゃんの謎の療養中の写真を載せたまま、ずぅ~っとお休みをいただいておりました。。

でぇッ…
その高ちゃんは?というとぉ~。。。。。。
元気は、元気なんだけど…

その前に、なんで療養中になったか?ってことですが。。
(長いです。お時間のある方お読みください。時間の無い方は、下の3行でOKです
え~っと
ハッキリと病名が分かったのは今から1年ぐらい前かな…。
病名は、「前立腺肥大」 高ちゃんらしい、男の中の男の病気でした。。

たぶん2年ぐらい前から、発症してたんだと思うんだけど…
(今から思えば、散歩の途中で歩けなくなったり、あの3時間散歩はオシッコができらなくて、
ちょっぴりづつ出してたんだなぁ~と・・・。)
どこの病院(3か所)に行っても関節が悪いだの、腰が悪いだの、サプリメントや栄養

ある時、初めて行った公園で柴連れの飼い主さんと病気の話になり、高ちゃんのことを話すと
「だまされたと思って、私の行ってる病院に行ってみて!」
あはッ 行ってきました。。遠い~。。

診察台に上がって、獣医さんの指が高ちゃんに…
「うわッ かなり腫れてるよ。今までの先生、気付かないってことはないはず…」
この日を境に、高ちゃんの犬生が変わりました。。

薬で、腫れがひき…高ちゃんにとっても私にとっても、初めてのそれはそれは長いオシッコ。。(見学
とっても気持ちのよさそうな?高ちゃん♪

獣医さんとお話をして、暫くの間は漢方をのんで様子を見てきましたが…。。
4・5月辺りから続けて腫れが出だしちゃって…(う~ん、恋の季節だったのよね~)
で、獣医さんとまたまたお話をして・・・柴男を卒業することにしました。。

手術が終わって、迎えに行くとぉ~(♂は、日帰り)
おぃおぃ点滴して、「僕、死にそうです」状態。。
でもね、迎えに行く30分前までは、「僕、そろそろ帰ります」って、元気にしてたんだって。。
獣医さんも、ビックリ
「まぁ~年齢的なこともありますし…。」
高ちゃんのその状態にもビックリしたけど…周りのケージには、この日手術した子が5匹くらいいて
心配そうに高ちゃんを見てるの。ジィ~と見つめて、「大丈夫?」って言ってくれてるみたいで、
思わず「ありがとね」ってお礼を言ってました。

ようやくお家に帰って来ても、フラフラ状態だし…
横になったらピクリとも動かない。もぉ~心配で心配で…。

ところが、ここからが高ちゃんらしい??
水を飲むのに飲みづらそうだから、エリザベスカラーを外したら動けないはずの高ちゃんが
逃亡。。早い早い 動けないのは、演技だったのか
こんなときにまで演技をする高ちゃんって…。



そんな高ちゃんと日々頭脳戦?があり、今日で手術して1カ月
最初にも書きましたが…元気は元気なんですけど…。

今までの高ちゃんとは、少し変わってきたようです
柴男を卒業したと思ったら…今度は、巨柴に向かって爆走中



そのことについては、次回「巨柴への道」で

          6-3

スポンサーサイト

テーマ : 柴犬 - ジャンル : ペット

お家で  | トラックバック : 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。